2008年07月10日

授業参観オンリーミー

今日はコハの授業参観の日だと妻が言うので、2時前に学校へ行った。愛用のママチャリで。

着いた時は、まだ掃除の時間だったので、コハの教室前の掲示などをぼんやり見ていた。

修学旅行をテーマにした俳句だか短歌だかが張られていたので、コハの作品を探していると、ちょうどコハが現れた。

「コハのどこ?」
「ここ。名前書いてあるからわかるでしょ?」
「字がちっちゃくてわかんなかったよ」

読んでみる。

三つの滝の一つ華厳の滝は、
さわらなくてもまわりが冷たいな


うわっ。すげー字余り。っていうか、5・7・5完全に無視してる。

「コハー。5・7・5になってないじゃん。なんで?」
「だって面倒くさかったんだもん」

んー、まあ、ある意味革新的な短歌だな。

俳句にも定型を破った自由律俳句ってのもあるし・・・。

「三つの滝の一つ華厳の滝」ってところが妙に説明調で笑えるし、
「さわらなくてもまわりが冷たいな」というのもよくわかる。
滝のそばって涼しいもんね。

ま、それはともかく。

「次は何の時間?」
「総合」
「総合かあ」

あんまり見る甲斐のない授業だなあ、と思いつつ、
教室の後ろに立っていた。

それにしても、6年生ともなるとみんなでっかいねえ。
コハがちっちゃいから、普段は全然感じないけど、やっぱ6年生だね〜。

なんて思ってると、授業が始まった。

ふと周囲を見回すと、なんか、様子がおかしい。

やけに空いてるなあ。

というより、俺の他に誰もいない、参観者が。

やっぱ6年生ともなると、授業参観なんかもう来なくなるのかねえ。
さっき3・4年生のクラスの前を通ったらいっぱいいたのに。

俺のような、特別な親馬鹿くらいしか見にこないのかねえ。

などと思っていると、何かの練習をするとかで、先生も生徒も多目的ホールという部屋へ移動してしまった。

コハが「パパも来る?」と言ったので、「うーん、じゃあ行こうかなあ」と言って、皆と一緒に行くのも恥ずかしいので、遅れて一人で向かった。

ところが多目的ホールはアコーディオンカーテンによってピッチリと出入り口が閉められ、チラッと覗くと中は真っ暗。
なんだか見学する気も失せてきたので、帰ることにした。

自転車に乗ると携帯が鳴った。妻からだ。
「ごめん、ごめん。授業参観、明日だった」

おいおい。もう遅いよ。

っていうか、先生も生徒も何にも言わなかったな。
気い遣ってくれたのかね。

しかめっツラして教室の後ろに立っていた自分を思い出すと、
ほんと恥ずかしいんですけど。

つまり私は特別な親馬鹿というより、
特別な馬鹿だった、
というわけだ。

へへへ。おあとがよろしいようで。
posted by ムーチョ・ササキ at 21:57| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 課外活動ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

カナブンブン

授業中、カナブンが入ってきて部屋中を飛び回り、
「怖ッ、怖ッ。マジでこえー」
と言って立ち上がる生徒。

これ、中学2年男子。サッカー部。


授業中、網戸の外でカナブンがブンブン音を立てていると、
それが気になって窓を閉めてしまう生徒。
私が「おいおい。暑いんだけど」と言うと、
「羽があるやつ、駄目なんですよ」

これ、高校2年男子。元バスケ部で体もでかい。


夜中、自宅でヤモリが窓に張り付いているのを見てビビリまくり、
お母さんを起こして取ってもらった生徒。
おまけに悲鳴も上げてしまったと告白。

これまた、高校2年男子。元野球部。見た目もかなりゴツイ。


いやー、面白いね。
最初冗談かと思ったら、もう、みんな真剣。大真面目。

人は見た目じゃほんとわからんよ。

それにしても今の子たちは虫苦手だねー。

カナブンごときにあんなにビビるとは…。



posted by ムーチョ・ササキ at 09:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾長ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

コハのお祈り

先週の話。
授業中、コハ(小6)が「パパ、明日晴れる?」と聞いてきた。
ムーチョ「さあ、どうだろう?なんで?」
コハ「明日学校でプールだから」
生徒A「明日雨だって」
ムーチョ「残念だな」
コハ「そっか。じゃあ、またお祈りしようかな」

以前にも書いたが、コハのお祈りはよく効く。
キリスト教系の幼稚園に通っていたので、
「天の神様…」で始まり「アーメン」で終わる本格的なものである。かと言って普段は全然やってなくて、雨がやんでほしい時専門のお祈りである。

翌朝、外は土砂降りの雨。
さすがに今日は無理だったな。

・・・と、思っていたら、
なんと、
コハが学校に着いた頃にはすっかり晴れ上がり、
実際あとで聞いたらプールに入れたそうである。

ここまで来るとちょっと気味が悪い。
偶然にしては確率が高すぎるのである。

「もしかして、人間じゃないのかな」
と、思ったりもする。

いつの日か、
「パパ、ママ、今日までありがとう」
とか言って軽やかに天に舞い上がって、
去ってしまいそうな気さえ…。

タグ:お祈り
posted by ムーチョ・ササキ at 09:05| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 兼業主夫ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

妙な関係

ラッキー(犬。10歳)は相変わらず私を見るたび咆えてくる。
普段はいたっておとなしい。

眠っていても、私が近づくと立ち上がって咆え、
飛びかかろうという動作をする。
(でも気が小さいので飛びかかりはしない)

一応、朝食は私があげているので、朝、餌がほしい時にも
咆えかかる。

要するに、
警戒しているときにも咆えるし、
用があるときにも咆える。

コハや妻は、
「ラッキー、パパといるときは元気だね」
と言っていた。

なるほど。

そういう解釈もあるか。

たぶん私だけ、なめられているんだろうな。

でもかわいいから、いいや♪
posted by ムーチョ・ササキ at 07:09| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 兼業主夫ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

続・黒一点

昨日、「また明日」と書いてしまったので、一応書きます。

えーっと、何の話でしたっけ?

そうそう。

黒一点。

黒一点も、なかなかいいところもあって、
けっこう重宝されます。

コハの学校の読み聞かせの会では、
「お楽しみ会」と称して、皆で紙芝居や大型絵本を読んだりするのですが、
男は私だけなので、男の役に必ず抜擢されます。

それに、男一人というのは貴重な存在なので、
「やっぱりこういう本は男の人が読むと迫力があっていいわね」
などと、けっこう持ち上げてもらったりもします。

それから、子供会などで「毎日洗濯してますよ」とか言うと、
「えらいわねー」と、
子供のように褒めてもらえます。


あ、急に思い出した。

高校の時、こちらが一方的に好きな女の子とボツボツ歩いてたら、
その子の友達が来て、3人で歩くはめになり、
仲良く話す二人の真ん中に位置することとなった私の、
なんとも居心地の悪かったこと…。

あのときの黒一点は、辛かった。


というわけで、なんだか要領の得ない話ですが、
この話題はとりあえず終了。
タグ:黒一点
posted by ムーチョ・ササキ at 21:51| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 課外活動ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

黒一点

水曜はコハ(小6)の学校で読み聞かせ。
木曜はコムーチョ(小1)の学校で読み聞かせのあと
コハの学校で読み聞かせの打ち合わせと紙芝居の練習。

読み聞かせ三昧であります。

事情により、コハとコムーチョが別々の学校に通っているので
このようになるわけです。

どちらの学校でも、男は私だけです。

このような状況、もう随分慣れました。


最初は、コハが生まれたての頃、家の近所の公園で。

平日に子供をベビーカーに乗せて公園にいる男は私だけ。

日頃無愛想でならしている私も、
お母さん方と少しはしゃべるようになりました。

そしてコハが一駅先の幼稚園へ入園。

送り迎えは私の担当。
コハが年中になった頃からは30分かけて自転車で通いました。

で、この送り迎えの時も私一人が男、という状況はよくありました。

居心地は・・・最初は正直よくありませんでしたが、段々と慣れていきました。


・・・と、ここまで書いて眠くなってしまったので、
中途半端ですが、また明日、ということで。

posted by ムーチョ・ササキ at 22:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 課外活動ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

あちゃー

またまた久しぶりっす。

昨日のこと。

コハとコムーチョと私は、自転車でJ街道を走っていました。

すると。右翼の街宣カーが通りかかり、特大ボリュームで
「君が代」のインストゥルメンタル・バージョンを流しておりました。

あからさまに鬱陶しそうな顔をする人々もいました。

その時私の後方から聞こえてくる涼しげな歌声。

♪き〜み〜が〜よ〜は〜

おいおい。歌っちゃってるよ。
右翼の流す音をカラオケに。

我が娘、コハでした。

まあ、私だってもはや「君が代」に対して複雑な感情を持つ世代では
ございませんが、コハにとってはほんと単なる「いい歌」なんですなあ。

おまけにコハはコムーチョに、
「この歌、知ってる?」
と自慢げに言っておりました。

そして弟のコムーチョの答えは、
「しーらんぺったん、きゅーり!」

なんともはや。


ああ。
どうも申し訳ありません。
親の責任です。
posted by ムーチョ・ササキ at 14:07| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 兼業主夫ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

某古本屋のオヤジ

いやーどうも。
お元気ですか?
私はいたって元気です。


今日、用事のついでに、ひさびさにある古本屋に立ち寄った。

やけに綺麗に本が並んでいるわりには、客が誰もいなかった。

「がきデカ」「バビル2世」「妖怪人間べム」など、往年の名作漫画が
セット販売されていた。

多少興味があるが、高いので買う気はしなかった。

ビニールで包まれた何冊かをなにげなく手にとって戻した。

すると、店のオヤジがとんできて、私がいた本棚の裏側をごそごそいじりはじめた。

どうやら、私が本を出したため、裏側の本の位置がちょっとずれたらしい。
「そんなに大慌てで直さんでもええやろ」となぜか大阪弁で思った。

で、しばらくして、またなんとなく気になる本があったので、
今度はかなり慎重に取り出した。そして、そーっともとに戻した。

すると、またまたオヤジが素早くとんできて、本棚の裏側を整理しはじめるではないか。

感じワル〜。
これじゃあ、本を手に取る気がしないではないか。

以前何度か足を運んだときは、こんなことはなかった。

どうしてこんなことになってしまったんだろう?

客が来なくてよっぽど暇で、もはやあんなことするしか生きがいがなくなってしまったんだろうか?

もう2度と来るものか、とも思ったが、
逆に、あのオヤジどうなったかな?という思いでもう一度行ってみたい気もする。

近頃、BOOK OFFなど大手のあおりを食ったせいか、町の小さな古本屋がどんどん潰れてしまっているので、出来れば応援したいのだが、あんな感じ悪いとちょっとね〜。


タグ:古本屋
posted by ムーチョ・ササキ at 18:10| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書家ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

最近の僕とラッキー

最近は、朝、コハと一緒に6時前に起きて、
ラッキーの散歩に付き合っています。

付き合ってますっていうか、
紐は私が持ってるんで、メインは私。
私が持たないと、逃げようとするんで、逆に。
私が持てば、諦めるようです。
「しょうがねえ。このオヤジと散歩すっか」みたいな感じで。

私もコハに、
「パパ、もうちょっと早く歩いたほうがいいよ」とか
「あ。パパ、今ラッキーおしっこしたかったんじゃない?」とか、
「パパ、紐が(ラッキーの)脚に引っかかってるよ」とか、
いろんな注意を受けながら、頑張ってます(苦笑)

以前に比べれば、格段の進歩です。
だって、前は一緒に散歩したら、
ラッキー猛ダッシュで私から逃げようとして、
もう、おしっこもうんこもさせられない状態だったんですから。

それが今では、私が紐を持てば、諦めてとぼとぼ歩いてくれるようになったんですから。

かといってなついているわけではなく、家の玄関に紐をくくりつけた途端、
思いっきり逃げようとしますがね。

でも、まあ、進歩です。

朝飯と朝の散歩は、完全に習慣化しました。
家の中では、私の顔を見りゃあ、相変わらず、逃げる、咆える、
ですがね。

餌は要求するくせに、散歩は一緒に行くくせに、感謝はしない。
感謝するどころか、逃げる、咆える。
ワン公の分際で。
あ、こんなこと書いたら、犬権保護団体の人に怒られちゃうかな?
そんなのあるかどうか知らないけど。
犬権はやっぱり、「ケンケン」って読むんでしょうね?ぷっ。

やっぱ人権と同じように犬権も尊重しなきゃいけないんですかね?
でも、そんなもん尊重しちゃったら、人間様が大変だしね。
難しい問題ですな。
どうします?「犬権も認めろ」とか詰め寄られて、
犬権宣言とかされちゃったら。
そんなようなSFがあったような、なかったような。


<おまけ>
コハの替え歌第2弾(メリーさんの羊のメロディーで)

メーリさんのひつじ
ひつじ ひつじ

メーリさんのひつじの毛ェそりたいな♪

そるの好きだなあ。


posted by ムーチョ・ササキ at 21:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 兼業主夫ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

コハとトカゲとおじいちゃん

コハが、うちの庭でトカゲを捕まえた。
虫かごに入れて喜んでいる。
「クモは嫌いなくせに、トカゲは好きなんだな」
と、私が言うと、
「だって、トカゲはかわいいじゃん。でも、クモは気持ち悪いじゃん」

今日、いつものようにコンビ二に迎えにいくと、
店の前でコハが座り込んでいる。

何してるのかと思って、近づいて見てみると、
学校に持っていったらしいトカゲを手に持って笑っている。
「頭なでたら、目え、つぶるんだよ。かわいい黒ハート

でも、うちに帰ったら、また外に逃がしていた。
「死んじゃったら、かわいそうだから」と言っていた。
わが子ながら、不思議な子だなあ。


<おまけ>

コハが今日、片づけをしながら歌っていた替え歌

メリーさんの羊のメロディーで

おじーちゃんのおひげ
おひげ おひげ

おじーちゃんのおひげ
そりたいな
タグ:トカゲ
posted by ムーチョ・ササキ at 22:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 兼業主夫ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。