2008年06月01日

某古本屋のオヤジ

いやーどうも。
お元気ですか?
私はいたって元気です。


今日、用事のついでに、ひさびさにある古本屋に立ち寄った。

やけに綺麗に本が並んでいるわりには、客が誰もいなかった。

「がきデカ」「バビル2世」「妖怪人間べム」など、往年の名作漫画が
セット販売されていた。

多少興味があるが、高いので買う気はしなかった。

ビニールで包まれた何冊かをなにげなく手にとって戻した。

すると、店のオヤジがとんできて、私がいた本棚の裏側をごそごそいじりはじめた。

どうやら、私が本を出したため、裏側の本の位置がちょっとずれたらしい。
「そんなに大慌てで直さんでもええやろ」となぜか大阪弁で思った。

で、しばらくして、またなんとなく気になる本があったので、
今度はかなり慎重に取り出した。そして、そーっともとに戻した。

すると、またまたオヤジが素早くとんできて、本棚の裏側を整理しはじめるではないか。

感じワル〜。
これじゃあ、本を手に取る気がしないではないか。

以前何度か足を運んだときは、こんなことはなかった。

どうしてこんなことになってしまったんだろう?

客が来なくてよっぽど暇で、もはやあんなことするしか生きがいがなくなってしまったんだろうか?

もう2度と来るものか、とも思ったが、
逆に、あのオヤジどうなったかな?という思いでもう一度行ってみたい気もする。

近頃、BOOK OFFなど大手のあおりを食ったせいか、町の小さな古本屋がどんどん潰れてしまっているので、出来れば応援したいのだが、あんな感じ悪いとちょっとね〜。


ラベル:古本屋
posted by ムーチョ・ササキ at 18:10| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書家ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
諸星大二郎著『栞と紙魚子と夜の魚』(朝日ソノラマ)は読んだかい?古本屋で思い出したよ。
Posted by ろぶらい at 2008年06月03日 23:03
読んでないよ。面白いの?
Posted by ムーチョ at 2008年06月06日 08:34
ムーチョには面白いと思うよ。画風に好き嫌いはあるけれど。

古本屋の娘の紙魚子と親友の栞が本の世界に閉じ込められたりする。他のキャラクターも変なのばっかり。「SF」というより「幻想モノ」なのかな。第4巻しか読んでないけど。

普通の本屋では手に入りにくいかも。それこそ古本屋かまんが専門店かWEBで。図書館にまんがってあるのかな。
Posted by ろぶらい at 2008年06月07日 13:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。