2008年04月20日

バイオリン〜コハの晴れ舞台

娘のコハが市民会館でバイオリンを弾くというので、
やはり市民会館で別の用がある妻の代わりに私が同行した。

コハは、フォーマルなかわいい服を着たりして、
ちょいとお金持ちのお嬢さん風に見えたかもしれないが(親ばか)、
親父(つまりワシ)がヨレヨレだからねー、どうにもなりません。

それにしたって、やっぱバイオリンですから、
皆さん、お家柄も良さそうな、お利口そうなお子達ばかりが
集まっているように見えるのは、偏見でしょうか?

っていうか、うちのようなガサツな家庭がここの仲間に入れてもらって、よろしいんでございますでしょうか、
という気分がぬぐえないくせに、最前列の席で親子してグーグー眠ってしまった。
ほんとすみません。誰に謝ってんだかわからんけど、ともかくすみませんという気分。

人前で演奏するとは言え、出たのは「みんなで弾こう」というコーナーで、小学校上がるか上がらないかくらいの子から高校生、大人(先生らしい)まで総勢数十人の中の一人。

その全員で「カノン」という、曲を演奏した。
全然緊張していない様子だった。
緊張どころか、さっきも書いたけど、グーグー眠ってたからね。本番前というのに。昼飯をたらふく食べさせすぎました。

というわけで、コハは大物かも、というお話でした。
ラベル:バイオリン
posted by ムーチョ・ササキ at 22:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。