2008年04月04日

小田原城近辺の歴史を訪ね歩くツアー

隠れてるつもり.JPGいやいやどうも。
行ってまいりました、小田原城近辺の歴史を訪ね歩くツアー。

坂道をけっこう歩いたので、足が疲れましたが、楽しかったです。

Yさんという、かつて妻と社会教育委員をやってらした方が、
今は大部分を埋められてしまっているお堀と
そのそばに土を盛って作られた土塁と呼ばれる跡を中心に、
説明してくださりました。

参加者は、塾生数名とうちの家族で、
小学生、中学生、高校生、大人という、ばらばらな年齢層の集まりとなりました。

うちの子らも含めた小学生4人が、特におおはしゃぎ。
やたらめったら、無駄に走り回っていました。
先に行って、草むらに隠れたりしているんだけど、
笑い声も聞こえる上に、思いっきり見えていたのですぐに見つかりました。

新小6のYくんは、大きなお堀のあとを駆け上がったり、駆け下りたり、を何度も何度も繰り返していました。
もう、さすが「ザ・小学生」と言われているだけのことはあります。

ものすごい急斜面になっているお堀の跡を、小学生達が「降りたい!」と大騒ぎし、
Yさんが時計を見て、「じゃあ、15分くらいなら」と言って、降りることになりました。

私より年上のYさんが降りたのに私が降りないわけにもいかず、
ずるずるずるずる降りていきました。
気をつけないとどんどんすべり落ちていくほど、かなり急な斜面で、正直ちょっと怖かったです。
コムーチョはそれが面白いらしく、
わざとなのかほんとなのかわからないほど、何度もすべりまくっていました。
下のほうにはゴミがいっぱい落ちていて、それがとても残念でした。

コハは行く前はあまり乗り気ではなかったのですが、
結局、小学生軍団の一人として大はしゃぎでした。

それもこれも、心が広く、やさしいYさんのお陰です。

写真は、隠れてるつもりの小学生たち。




ラベル:小田原城
posted by ムーチョ・ササキ at 19:42| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾長ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。