2008年03月30日

3回目

春期講習中でなかなか更新できません。
以下は以前に書き溜めておいたストックから…。


中1の男子生徒に数学を教えていたときのこと。
私「この問題、どうやってやったか説明してみな」
生徒A「通分した」
私「で、これは?」
生徒A「ええと、1ぶんの1だから、6ぶんの1になって、あっ。6ぶんの6だ!」
私「だろ?ほら、気づいたな。よかったよかった。
(講師のMぐち先生に向かって)『生徒に説明させる』っていう教え方、なかなかいいぞ!」
Mぐち先生「(笑顔で)はいっ!!」
生徒A「先生、それ、2回目だよ。先週も同じこと言ってたし」
Mぐち先生「(首を横に振りながら)いや、Aくん。実は3回目


私「(中3の女子生徒Bに)えーと、○○ちゃんは、
大学には進学したいんだっけ?」
生徒B「だからー」
私「あーそうだった。専門学校に行きたいんだったよね。また聞いちゃった」
生徒B「3回目
posted by ムーチョ・ササキ at 19:10| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 塾長ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ムーチョも歳だねえ。ちなみに我が同年代の友人も皆そんな感じ。かくいうおれも同様。いや、3回どころぢゃない。
Posted by ろぶらい at 2008年03月31日 20:50
いやいや、ほんと。
淋しい話になってしまったねえ。
でも、随分前からこんな感じな気がする。
これ以上加速しないよう、気をつけます。
Posted by ムーチョ at 2008年04月03日 14:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91618271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。