2009年01月20日

子ぎつねヘレンと老犬ラッキー

娘のコハが見たいというので、
「子ぎつねヘレン」という映画のDVDを借りた。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id323098/

このヘレンが、うちの愛犬ラッキーにそっくりなのだ。


きつねのヘレンは犬っぽくて、
犬のラッキーが、ちょっときつねっぽいのである。

お陰で、コハも私も感情移入しまくり。

最後のほうで、ヘレンがばたりと倒れて死んでしまうシーンがあり、
これが来るべきラッキーの最期を予感させた。

ラッキーはかわいいけど実はもうお年寄りなので、
リアルすぎる話だ。

もちろん私は泣いてしまった。

コハも「泣いちゃった」と言っていた。

あの映像はほんとショッキングすぎた。

今から心配なのは、ラッキーが死んだ日、
ちゃんと授業が出来るかどうかだ。

最近、さらに慣れてきて、パンなどを持って椅子に座っていると、
私の膝に前足をかけてくるようにまでなった。

それだけに、そんな想像するとツライ。
posted by ムーチョ・ササキ at 22:15| ☔| Comment(2) | ビデオ好きムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過去に飼ってた猫、お腹が大きくなりベッドの下で5匹生んだ。たまたま家の改修工事があり、部屋に爆音が轟いた。猫達は大丈夫かとベッド下を覗いたら母猫が真剣な抗議の眼を向け5匹を抱いていた。その後、5匹はすくすくと大きくなり家じゅうを駆け回った。生まれてから数週間経ったある日の夜中「コンコン、コンコン」という音がして目を覚ました。1匹がコンコン、コンコンって吐いてた。みてる間に動かなくなりさわったら冷たくなってた。悲しかったよ。
Posted by ろぶらい at 2009年01月22日 22:33
はじめまして、突然失礼いたします。
私、EF Educationのウェブサイトのリンクを担当している後藤と申します。この度は是非とも貴ブログに弊社のサイトをリンクしていただきたいと思い、ご連絡させていただきました。
EF Educationは言葉と文化、地理的な壁を打ち破るべく1965年にスウェーデンで設立された私立教育機関です。弊社の高校留学プログラムでは、半年または1年間の高校交換留学を通し、多くの高校生の方に広く文化、教育面での国際交流を推進してまいりました。
オンラインパンフレット(http://www.ef.com/master/hsy/brochure/?ctr=jp

是非ともブログを訪れる海外生活や留学に興味のある方の参考になればと思っております。
もしご掲載可能なようでしたらご連絡いただけますでしょうか。ご検討宜しくお願いいたします。

後藤
EF Education First Japan
E-mail:Yuki.Goto@EF.com
Posted by 後藤 at 2009年01月23日 10:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。