2008年08月03日

息子の処女作

<警告>もしお食事中の人がいましたら、今は見ないでおいてくださいね。

無印良品に絵本型ノートというのがあって、それを使って自分で自由に書き込めば、あっという間にオリジナルの絵本が作れる。

コムーチョがそれをほしがるので買ってあげたら、早速第1作を書き上げた。

タイトルは「うんちとごみ」

どうしようもないタイトルである。

別に私がウケを狙って吹き込んだわけではない。
純粋な本人の発想である。

処女作「うんちとごみ」

馬鹿馬鹿しいので紹介しよう。

表紙には「うんちとごみ」という右上がりの文字。
真ん中に小さなうんちの絵。もちろん色つき(もちろん茶色!)

表紙をめくると「うんち」という、タイトルらしきものが。絵はない。

このあと、どのページも左側は文章、右側は絵という構成になっている。

1ページ目 うんちが出ました うんちがでた! 
      絵:便器らしきものとその真ん中に茶色いうんち

2ページ目 うんちをしましょう。       
      絵:おしりからうんちが出ているところ

3ページ目 うんちはおしりからでてきます   
      絵:うねうねとした大腸らしきものとその下のほうを矢印      で指し、「ちんちんのうら」と書いてある

4ページ目 うんちをながしましょう ながさないとくさくなります。
      絵:便器のなかにうんち。青い水に浮いている。

5ページ目 うんちがはみだしそうなときがあるのでちゃんとみよう。      絵:便器からはみ出したうんち。
      右下に「おわり」という文字。

次のページは左側にも右側にも「ごみ」と、大きめと字で書いてある。
左側にはゴミの収集車らしき絵。
また違う話が始まったらしい。


1ページ目 ごみはごみってかいてるところにすてよう 
      絵:「ごみ」と書いてあるところにゴミが捨てられている

2ページ目 ごみしゅうしゅしゃがはこびます  
      絵:ちょっとわかりづらいがおそらくゴミ収集車がゴミを      運んでいるところ

3ページ目 ごみが1つのこってしまいました  
      絵:ごみが1つのこっている絵

4ページ目 そこへからすがきました。     
      絵:からすがごみをあさっているらしい絵。

※4ページ目の左下に紙が張ってあり、その下に「ひらく」と書いてあるので開くと、コムーチョ本人らしき貧相な男の子が出てきて「わっ」と言っている。まあ、単にびっくりさせたいだけらしく、本筋とは何の関係もない(と思われる)

5ページ目 絵:文はなく、からすが「かか」と言って飛んでいる絵と右下に「おわり」の文字。

次のページは「ロボットカミイとおとうとカミイ」という字の下に、へんなロボットの絵。

さらにその右のページには「それいけアンパンマン」という字の下にアンパンマンの絵が描いてあり、
それらの文字と絵の上には大きなバツ印が…。失敗したらしい。

以上、息子の処女作レビューでした!
posted by ムーチョ・ササキ at 14:31| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 兼業主夫ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
将来有望ですね〜。
第二作目も楽しみにしています。
Posted by はにわ at 2008年08月03日 19:54
オトナのすることって、子供の未来をつぶすこと、芽を摘む事!

オトナに出来ることって、

何もしないで見守っていること・・・ではないだろうか!

コムーチョ、サイコー!
Posted by &O at 2008年08月04日 11:08
はにわさん、おひさしぶりです。
第2作、いつになるかわかりませんが(飽きっぽいので)、完成し次第載せますので、気長にお待ちください。
Posted by ムーチョ at 2008年08月05日 11:26
&Oさん、素敵なメッセージをありがとうございます。

「何もしないで見守ってあげること」
うーん、それが意外に難しいんですよねえ。

ほんと、いつも親馬鹿に付き合ってくださって、
感謝しています。
Posted by ムーチョ at 2008年08月05日 11:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。