2009年03月28日

生徒面談

昨日とおととい、つまり木曜と金曜は授業を潰し、
中学生(一部高校生も)と生徒面談をやった。

いつも授業の合い間にやろうやろうと思って、
ずるずると日にちが過ぎてしまうので、
今回からは、毎月生徒面談の日を作り、
あらかじめ告知しておくことにした。

一人30分程度の面談だが、
結論から言うと、やってよかった。

すごくよかった。

ほぼ全員に、週間予定表と、それぞれの目標を書いてもらった。

週間予定表は、パソコンでバイトの子に作ってもらった
フォーマットがあるので、そこに科目別に家庭学習の予定を書き込んで
もらった。

目標は、B4の紙に太いマジックで書いてもらった。

やる前は、目標が決まらず手こずるかもしれない、
と思っていたが、どの生徒も1分以内ですぐに書き始めた。

不思議なものである。

家では「やる気がない」などと言われているような子でも、
実は自分なりの夢や目標があるのである。


ということがわかったのである。

はっきり言って、みんな、見直した。
見直した、というのもおこがましいな。

みんな、偉い。

偉いというより、かわいい。


名前を伏せとけばいいだろ?
ということで、ここに生徒達がかかげた目標の一部を公開しよう。

・英語と数学を4にする!予定表どおり勉強する!

・美術以外は、1ランク以上アップを目指す!!

・志望校に入れるように勉強を予定表通りやる。。
 提出物を全部出す!!

・5教科を全部4にする。

・1日1時間は勉強する。

・オール4(3がちょっと)


などなどである。

「来月また面談するからね」
と言うと、
たいていの生徒は「えー!?」と驚く。

「予定表通り勉強してるかどうか聞くから、よろしく」

ほどよいプレッシャーがかかるわけである。

予定表と目標はコピーをとって私も保存し、
生徒は家で自分の机の前など、よく見る場所に貼るように言ってある。

なかには、「教室にも貼っておいてよ」という生徒もいたので、
そういう生徒の目標は、お望み通り貼っておくことにした。

自分で自分を追い込もうというわけだ。

さて、来月が楽しみである。


ラベル:個別指導
posted by ムーチョ・ササキ at 20:19| ☔| Comment(0) | 塾長ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

キビシーのでR

ひそかなファンの多いという噂のこのブログ。
更新しちゃいます。


H君が現役で大学に合格し、
うちの塾の講師になることになった。

Mぐち君、今度早くも3年生なので、
交代要員が出来て嬉しい。

しかーし!!

うちの塾の指導は、
生易しくはなーい!!!!!


ということで、昨日、H君の初研修をした。

無論、Mぐち君にも参加してもらった。



私は、まずは、おもむろにホワイトボードの前に立ち、

「ササキ補習教室 講師の心得」

と、書いた。

ムーチョ「ひとーつ・・・・・。えーっと・・・」しばし、沈黙。

Mぐち君「先生、今考えてるんですか?もとからあるのかと思いました」

ムーチョ「いやいやいやいや。
     はっきり言語化されてないだけで、あることはある」


で、今度は本当に書き始めた。


一、生徒がわかってナンボ

一、わかっただけでは不十分

一、生徒と保護者の真のニーズを探り、そこを伸ばす



うーん。
我ながら、カッコイー。

素人諸君(失礼)には、意味不明かもしれないので、
ひとつずつ説明しよう。
(エラソーでほんとゴメンなさい。あの、半分冗談ですので。一応)


一、生徒がわかってナンボ


自分がわかるのは、当たり前。そんなの、自慢にもならぬ。
生徒が理解しなければ、話にならないという意味。


一、わかっただけでは不十分

「先生の授業はよくわかる」
そんなこと言われて満足しているようでは、まだまだ素人。
わかったって、伸びない子は、いくらでもいる。
なぜか。身についていないからだ。
完全に身につくまで、あの手この手を使って努力するのが我々の
使命である、という意味。


一、生徒と保護者の真のニーズを探り、そこを伸ばす

保護者は、子供にどうなってほしいのか。
子供は、本当はどうなりたいのか。
コミュニケーションをはかりながら、そういう思いを汲み取り、
注力するのが我々の使命である、という意味。



この後、いろいろと心構え的なことを話し、
Mぐち君を生徒役にして、教科研修もやった。


ところで。

最近、私とMぐち君は、
「ササマウス」というユニットを作り、
昨日もちょっとだけ練習した。

ムーチョ・・・ギターorウクレレ

Mぐち・・・ピアノ

という編成。

当然、Hくんも強制参加。

しかも、私は、いつものように悪乗りしてHくんの歌を作った。

ムーチョ「これを今度の夏合宿で演るぞ。Hくんがボーカルだ」

Hくん「えー、マジですかー?」

ムーチョ「何言ってるんだ。マジだ、マジ!!そのくらい自分をさらけ出せないでどうする?
俺なんか、この仕事始めたとき、100人以上の社員の前で、サザンの替え歌歌ったし、市民会館では青い短パン履いて踊って、その後のあだ名は『青パン先生』だぞ。甘い甘い!!」


ササキ補習教室は、キビシーのでR。
ラベル:新人講師
posted by ムーチョ・ササキ at 22:19| ☔| Comment(0) | はじめてのかたへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

卒業パーティー

sotsugyou.JPG

昨日は、当教室の卒業パーティーでした。

いつもだと、娘のコハが、ホワイトボードにいろいろ描いてくれるのですが、あいにく風邪で寝込んでしまっていたので、講師のMぐち先生や絵画教室のNもと先生などの協力の下、なんとか出来上がりました。


次のようなスケジュールで、会は進行しました。


1.塾長あいさつ

私ムーチョが、ごく短い(インチキくさい)挨拶をしました。


2.お食事タイ

みんなでお好み焼きを食べました。

ホットプレートが1台、コードがなくて使えない、
というハプニングがあり、仕方なく1台でやったのですが、
焼き係を買って出てくれたMぐち先生が、超フル回転でした。


3.お楽しみタイム

ひさびさに、私ムーチョがギターで弾き語りました。

最近ずっと弾いていなかったので、指が痛い痛い。

卒業生の、唾が飛びそうなほどの目の前で、2曲も熱唱しちゃいました。

1曲目がブルーハーツの「青空」

個人的に大好きな曲なので、歌いました。

2曲目が「なごり雪」

M口先生と一緒に歌いました。


4.卒業記念品授与

うちの妻が選んだ「こだわりの一品」をプレゼントしました。

手作りのメッセージカードを添えて(デザインも妻)。


5.記念撮影

「ササキ補習教室」の看板を背に、みんなで写真を撮りました。


6.外遊び

カラオケの順番待ちが1時間もあるというので、
男の子達は、前の空き地でボール遊びなどをしていました。

最近野球に目覚めたうちの息子コムーチョが、
中学、高校、と野球部だったMぐち先生に手ほどきを受けて喜んでいました。


7.カラオケ

みんなカラオケ大好きだし、うまいよねー。

ただ、以前の反省から、席に並んだ順で1曲ずつ入れるように、
という指示をだしました。

そうしないと、おんなじ奴ばっかり何度も歌う、というなんとも
さぶーい現象が起きるので。

相変わらず、Mぐち先生の声は、甲高かったです。
1度聴いたら、見た目とのギャップに、びっくりしますよ。


今年も楽しい会になりました。

ちなみに私はその夜(つまり昨夜)、11時間も眠ってしまいました。







ラベル:卒業
posted by ムーチョ・ササキ at 20:48| ☔| Comment(0) | はじめてのかたへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。