2008年08月20日

正直

今朝、コハから聞いた話。

昨晩、私が眠っているときにコハがうっかりぶつかると、
私が突然大きな声で、
「正直」
と言ったそうである。
コハが「そうじき?」と言うと、
もっと大きな声で、
「正直!」
と言い、
コハが「え?!」と言うと、
さらに大きな声で、
「正直!!」
コハが「誰が?」と聞くと、
「・・・・・」何にも言わなくて、
今度はコハが「パパが?」と聞くと、
「うん」
と小さな声で言ったそうである。

本人、まったく記憶にありません。
posted by ムーチョ・ササキ at 21:56| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 兼業主夫ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

夏合宿レポート<その2>

080812_nemo.JPG

■自由時間

夜はトランプやウノで大いに盛り上がっていました。
私も参加しましたが、ダウトがはずれて大量のカードを持ち込むはめとなり、散々でした。

コテージには前の利用者が忘れていったと思われるビーチボールがあり、ちょっとした時間にコハやコムーチョ、T君、K君などがサッカーをやって喜んでいました。

昼間の自由時間には、Mぐち先生と高校生のH君、
中学生のI君が集会棟のプレイルームでバドミントンをやっていました。
Mぐち先生は最近バドミントンに凝っているらしく、怪力を活かしたスマッシュをバンバン打って、相手のI君をいたぶっていました。
I君、ちょっとかわいそうでした。

高校生のH君は元バドミントン部、大昔のバドミントン部員の私が「ぜひ」と言って、一緒にやらせてもらいました。

さすがはつい最近まで現役だったH君、なかなかの腕前。
私はというと、なんとか打ち返しても次の体勢が整えられず失敗…、の連続でした。
でも、久しぶりに燃えたぜ!ありがとうH君。

合宿をやると、授業では見せない一面を垣間見ることができます。
それがホント新鮮で楽しい。

上の写真は、中2のN君がトランプで作ったものです。
こんな特技にあったとは。
ラベル:夏合宿
posted by ムーチョ・ササキ at 12:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾長ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

夏合宿レポート<その1>

11日(月)から13日(水)まで、2泊3日の合宿に行ってきました。
場所は、足柄ふれあいの村。
塾生の参加希望者と佐々木家一同、及び講師のMぐち先生、バイトのA
くん、というメンバーです。

■勉強

一応勉強合宿なので、勉強もいっぱいしました。
でも、特に2日目は前の日の夜遅くまで遊んでいたのが災いして、
ほぼ全員が寝不足状態でへろへろでした。(私も含め)

勉強は基本的に個別に課題を決めてこなしていましたが、
それだけでは面白くないので、百マス計算大会やちょっとしたクイズ、
各スタッフによる特別授業などを行いました。

特別授業の内容は次の通り

Mぐち先生…「大学って、こんなところだよ」という話
なおみ先生(私の妻)…議会について(市会議員なので)
ムーチョ…怖い人から逃げた話と、夢をかなえるには?という話
Aくん…自己紹介と今後の抱負


■野外炊事

1日目はバーベキュー。
たいていは火起こしに苦労するのですが、
Mぐち先生がすばやく火を起こす方法を知っていたので、
この点は何の問題もありませんでした。

中2のIくんは、「アチー、アチー」とすね毛をこがしそうになりなが
ら、次から次へと肉や野菜を焼いていました。

2日目のカレー作りは高校生のH君が大活躍。
普段は進んで前に出るタイプではないのですが、
ことカレー作りに関してはこだわりがあるらしく、
穏やかながらもテキパキとした指揮をとってくれました。

お陰で、これ以上はない、というくらいのおいしいカレーが出来まし
た。
あ、ちなみにご飯も上手に炊けました
(私が水の量を量りました。自画自賛)。


■ハプニング

男子のコテージには、メインの大部屋とは別に、
4畳半ほどの和室がありました。

最初、何人かが「ここで寝たい」とか言っていて、
女子達も「いいなあ、こんな部屋があって」なーんて言っていたのですが、
夜、その部屋へ数人が入ったときゴキブリが出現!
大騒ぎになりました。

I君が、押入れの中に逃げたゴキブリを捜索中、
またしても私の悪い癖が出てしまいました。
すなわち、I君の肩を背後からつかみ、いかにもおそろしげな声で、
「わあああああああっ!」
と、脅かしてしまったわけです。

I君、そーとーびっくりしていました。
落ち着いてからのI君の、あの、恨めしそうな目、忘れられません。


2日目の夜には、窓にでっかい蛾が張り付いていました。
よく見ると、なかなか綺麗な羽をしていたのですが。


<つづく>


posted by ムーチョ・ササキ at 16:31| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾長ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

泳げるのか、ラッキー?

ただいま、夏期休業中です。

6日(水)にさん親子と「秘密の川」へ涼みに行った。
一年ぶりである。

いまだ「秘密」性は保たれていて、川原には私達の他に誰もいなかった。
おかげで何の気兼ねもなく、ぐーぐー昼寝できた。

今回はラッキーも連れて行った。

犬アーンド川、とくれば、誰でも連想するのがやはり犬かきでしょう。

ボール怖い、階段怖い、ビニール袋の音怖い、ミニカー怖い、と、
およそ犬らしいところのないラッキーが、果たして犬かきができるのか?
という疑問があったのだが、半ば強引に川を渡らせてみた。

コハが川の反対側で「ラッキー、おいで」と手を差し伸べる。

どぷっ どぷっ どぷっ どぷっ

と、間抜けな音を立てて、老犬ラッキー必死で泳ぎます。
もう、ほんと、死に物狂いです。

泳ぎ終わったあとは、みんなで拍手・拍手・拍手!

犬かきという、犬としてごく普通の行為をしただけで拍手される犬。

嬉しいような、悲しいような。


水から上がったラッキーは、毛がぺったり体にくっついて、
「ああ、普段はかわいいけど、やっぱりお年寄りなのね」
という、しみじみとした感想を一同にもたらしたのでした。
posted by ムーチョ・ササキ at 19:59| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

ちりとり

ひさびさのコハの名言、お聞きください。
つい先ほど発したばかりの、ほやほやです。

(ほうきを持ってうろうろしながら、)

「パパー、ちりとりの、ゴミをとるほう知らない?」

えー?どういう意味ー?

どうやら、ちりとりとほうきを合わせてちりとり、だと思っているらしい。

ちなみに、来年中学生です。
&Oさーん、ちなみにこういう場合も、
「何もしないで見守ってあげ」ればいいんですかね?



ラベル:ちりとり
posted by ムーチョ・ササキ at 11:40| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 兼業主夫ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

息子の処女作

<警告>もしお食事中の人がいましたら、今は見ないでおいてくださいね。

無印良品に絵本型ノートというのがあって、それを使って自分で自由に書き込めば、あっという間にオリジナルの絵本が作れる。

コムーチョがそれをほしがるので買ってあげたら、早速第1作を書き上げた。

タイトルは「うんちとごみ」

どうしようもないタイトルである。

別に私がウケを狙って吹き込んだわけではない。
純粋な本人の発想である。

処女作「うんちとごみ」

馬鹿馬鹿しいので紹介しよう。

表紙には「うんちとごみ」という右上がりの文字。
真ん中に小さなうんちの絵。もちろん色つき(もちろん茶色!)

表紙をめくると「うんち」という、タイトルらしきものが。絵はない。

このあと、どのページも左側は文章、右側は絵という構成になっている。

1ページ目 うんちが出ました うんちがでた! 
      絵:便器らしきものとその真ん中に茶色いうんち

2ページ目 うんちをしましょう。       
      絵:おしりからうんちが出ているところ

3ページ目 うんちはおしりからでてきます   
      絵:うねうねとした大腸らしきものとその下のほうを矢印      で指し、「ちんちんのうら」と書いてある

4ページ目 うんちをながしましょう ながさないとくさくなります。
      絵:便器のなかにうんち。青い水に浮いている。

5ページ目 うんちがはみだしそうなときがあるのでちゃんとみよう。      絵:便器からはみ出したうんち。
      右下に「おわり」という文字。

次のページは左側にも右側にも「ごみ」と、大きめと字で書いてある。
左側にはゴミの収集車らしき絵。
また違う話が始まったらしい。


1ページ目 ごみはごみってかいてるところにすてよう 
      絵:「ごみ」と書いてあるところにゴミが捨てられている

2ページ目 ごみしゅうしゅしゃがはこびます  
      絵:ちょっとわかりづらいがおそらくゴミ収集車がゴミを      運んでいるところ

3ページ目 ごみが1つのこってしまいました  
      絵:ごみが1つのこっている絵

4ページ目 そこへからすがきました。     
      絵:からすがごみをあさっているらしい絵。

※4ページ目の左下に紙が張ってあり、その下に「ひらく」と書いてあるので開くと、コムーチョ本人らしき貧相な男の子が出てきて「わっ」と言っている。まあ、単にびっくりさせたいだけらしく、本筋とは何の関係もない(と思われる)

5ページ目 絵:文はなく、からすが「かか」と言って飛んでいる絵と右下に「おわり」の文字。

次のページは「ロボットカミイとおとうとカミイ」という字の下に、へんなロボットの絵。

さらにその右のページには「それいけアンパンマン」という字の下にアンパンマンの絵が描いてあり、
それらの文字と絵の上には大きなバツ印が…。失敗したらしい。

以上、息子の処女作レビューでした!
posted by ムーチョ・ササキ at 14:31| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 兼業主夫ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。