2008年06月01日

某古本屋のオヤジ

いやーどうも。
お元気ですか?
私はいたって元気です。


今日、用事のついでに、ひさびさにある古本屋に立ち寄った。

やけに綺麗に本が並んでいるわりには、客が誰もいなかった。

「がきデカ」「バビル2世」「妖怪人間べム」など、往年の名作漫画が
セット販売されていた。

多少興味があるが、高いので買う気はしなかった。

ビニールで包まれた何冊かをなにげなく手にとって戻した。

すると、店のオヤジがとんできて、私がいた本棚の裏側をごそごそいじりはじめた。

どうやら、私が本を出したため、裏側の本の位置がちょっとずれたらしい。
「そんなに大慌てで直さんでもええやろ」となぜか大阪弁で思った。

で、しばらくして、またなんとなく気になる本があったので、
今度はかなり慎重に取り出した。そして、そーっともとに戻した。

すると、またまたオヤジが素早くとんできて、本棚の裏側を整理しはじめるではないか。

感じワル〜。
これじゃあ、本を手に取る気がしないではないか。

以前何度か足を運んだときは、こんなことはなかった。

どうしてこんなことになってしまったんだろう?

客が来なくてよっぽど暇で、もはやあんなことするしか生きがいがなくなってしまったんだろうか?

もう2度と来るものか、とも思ったが、
逆に、あのオヤジどうなったかな?という思いでもう一度行ってみたい気もする。

近頃、BOOK OFFなど大手のあおりを食ったせいか、町の小さな古本屋がどんどん潰れてしまっているので、出来れば応援したいのだが、あんな感じ悪いとちょっとね〜。


ラベル:古本屋
posted by ムーチョ・ササキ at 18:10| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書家ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。