2008年04月16日

先送り癖解消法

仕事をがんばろうと思って最近はビジネス書の類をよく読んでいる。

そういう本でよく話題になるのが「先送り癖」
やらなきゃいけないことを後回し、後回しにしてしまう、というアレである。

私もシステム手帳にやるべきことを書き出したりして、
先送りしないように努力しているつもりだが、
それでもやはり、あるわあるわ先送りしてしまったことの数々。

あー思い出したくもない、あのこと、そのこと…。

でも、その先送り癖を解消しない限り成功はおぼつかない、
みたいな、
オッソロシー
ことがどの本にも書いてあるので、ますますプレッシャーになって
それがストレスとなり、ヤケクソになり、さらに先送りした課題は溜まっていく。


この前ピッカピカの1年生、コムーチョと話していて、先送りに関して考えさせられることがあった。

学校で朝顔の種をもらったと言って私に見せてくれた。
私が「へー、よかったね。これどっかに埋めるのか」と、うらやましそうなフリをして言うと、

コムーチョは「うん。じゃあ、今埋めてくるね」
と言うが早いか、あっという間に外に出ていったのである。

「早っ」という感じである。

まあ、取り立てて大騒ぎするようなことでもないとは思うのだが、
このときは妙にその行動力のすばやさに感心してしまった。

なにも今すぐ行かなくても…、
とも思ったが、いやいや、この、「何も考えずにすぐに行動する」
というのが大事なのだ、ということに思い当たった。

そういえば、小さな子どもというのはだいたいこのような行動のしたかをする。

要するに、今思いついたこと以外、
「なーんも考えてない」
これが大事。

我々はつい、いろいろ考えてしまう。
だから先送りしてしまうのだ。

物事を先送りしているときの自分の内面を思い起こしてみるとよくわかる。

必ずごちゃごちゃといろんなこと(たいていは言い訳)を考えている。

「考える」というのは、行動のきっかけになることも多いが、
行動を阻むものになる場合も多いというわけだ。

不登校や引きこもりになってしまう人も、
たいていはほんとにいろーーーーーーーーんなことを考えている。
考えすぎてぐるぐるぐるぐる堂々巡りしてしまっているのではないだろうか。
だからと言って「考えるな」と言ってもそれは無理なので、何の解決にもならないが。

ま、それはともかく、先送り癖解消の方法として、
行動すべきときは「他のことを一切考えない」というのは一つの手である。

問題は、どうすれば考えないようになれるか、ということであるが、
それについてはまたの機会に…。






ラベル:先送り癖
posted by ムーチョ・ササキ at 09:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 塾長ムーチョ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。